2014年4月アーカイブ

もともとミディアムくらいあった髪の毛を、メーカー入社時の約3年前にベリーショートにしました。同期でベリーショートにしている子は約100人中1人もおらず、ミディアムやロングをバナナクリップ等でまとめたり、きれいに編みこんでまとめるスタイルの方が流行っているようで、暗い茶色に染める女性も半分くらいはいました。一方の私は流行に疎いために髪の毛を伸ばすことに執着はなく、出来るだけ短時間で朝のセットができる方が良いだろうという合理的な理由でバッサリと切りました。朝家を出る前にヘアスタイルとメイクをきれいに決める時間がある程度必要なのですが、ベリーショートにしたことで、ヘアスタイルをセットするのには洗髪を含めて15分で完了します。髪を洗い、乾かし、ワックスをなじませるだけ。あとはメイクに時間をあてられるので、朝が苦手な私にはもってこいの髪型でした。ベリーショート+パンツスーツ=「出来る女」のイメージもつき、心なしか先輩社員からの風当たりも良かったように思います。退職した今では朝に余裕もあり、ボブをホットカーラーでくるんとまるめるスタイルを楽しんでいます。 新潟 脱毛安い
お肌が弱くかぶれやすかたり、アトピーなどで炎症を起こした時に、皮膚科で処方されるお薬はたいてい『ステロイド』の軟膏になります。
その軟膏の効き目は強いものから弱いものなどがありますが、強いものを長期間継続して使用し続けると、使用する部位によっては毛が濃くなってしまう場合があるので注意が必要です。
またステロイドを塗布している期間は、その部位の脱毛を受けることができません。
また塗る必要があるということは、皮膚に炎症が起きているということなので、そのような時に、脱毛の可視光線をあててしまうと更に炎症を悪化させてしまいますし、またステロイドを肌に塗布することによって、薬が経皮吸収されて、成分が数時間、皮膚内部にに残っている状態となります。
そのようなときに光を照射すると色素沈着を起こすことがあるので、脱毛を受ける時は、必ず炎症が収まっている状態の時に行い、ステロイドを最後に塗ってから、最低半日はたっている状態で行うようにしましょう。




このアーカイブについて

このページには、2014年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年3月です。

次のアーカイブは2018年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31